仏式・神式・キリスト教式・自由葬、様々ある葬儀の形式

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

仏式の葬儀と流れ

 

日本の葬儀の90パーセントは仏式になっており、お通夜は夜の6時から7時ぐらいに行うことが多いです。

 

 

遺族や近親者が着席をした後は、僧侶が入場してくるので、読経を行ってから、血縁の濃い人からお焼香を行います。参列者が多い場合は、読経の途中でお焼香を行うことが多いです。

 

 

 

 

仏式の葬儀では、僧侶の読経が終わった後は、弔電を読み上げたり、参列者へのお礼として食事やお酒をふるまいます。告別式も同じような流れになっていますが、喪主が挨拶を行ってから、出棺の準備をすることが多いです。

 

 

仏式の葬儀は、宗派によっても多少の違いがあるので、きちんとマナーを守って参列することが大事です。

 

 

 

 

 

神式の葬儀と流れ

 

 

神式は神道によって行われる儀式で、仏式とは葬儀のやり方や意味が異なります。神式の場合、亡くなるとその方の御霊をその家にとどめておいて守護神になってもらう、という意味があるのでお焼香などはありません。

 

 

神式の葬儀の流れはまず、亡くなったら神棚などに死を奉告します。神棚の前に白い紙を下げ、故人を北枕で寝かせます。故人の前面に祭壇を設けてお米や好きな食べ物、お水などを供え、その後納棺の儀にうつります。これは故人を棺に納める儀式で、棺に蓋をした後白い布で覆い拝礼をします。納棺の後は通夜祭や葬場祭が行われます。

 

 

この二つは仏式でいうと通夜と告別式にあたりますが、神職が言葉を奏上し遺族は玉ぐしを奉って拝礼します。火葬祭、帰家祭、直会と行いますが、直会でお世話になった神職などをもてなし、葬儀は終わりとなります。

 

 

 

 

 

日本中の葬儀費用相場を知ることは可能です。

 

 

 

 

仏式と神式、各名称の違い

 

 

仏式 神式
通夜 通夜祭(つやさい)
葬儀 相場祭(そうじょうさい)
焼香 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
合掌 二礼二拍手一礼(にれいにはくしゅいちれい)
通夜振る舞い 直会(なおらい)
初七日 十日祭

 

 

 

 

 

 

日本中の葬儀費用相場を知ることは可能です。

 

 

 

 

キリスト教式の葬儀

 

 

キリスト教式の葬儀に参列する場合、仏式とは違いいくつかの相違点があります。

 

カトリックとプロテスタントに分かれ
カトリックでは司祭を「神父」
プロテスタントでは「牧師」
と呼びます。

 

 

喪服で参列するのが望ましいですが、スーツに黒ネクタイでも構いません。

 

司式する神父さんや牧師さんが焼香をする場合が多く、聖水を用いることもあります。

 

 

一般の参列者は聖歌を斉唱したあと神父・牧師の聖書朗読に言葉に耳を傾け、故人を偲び哀悼の意を表します。お経とは違うので、キリスト教式の葬儀は何を祈っているのかが理解しやすく、言葉も難しくないので、司式者の祈りにぜひ心を合わせていただきたいと思います。

 

 

通夜振る舞いは、基本ありません。

 

 

儀式の後半部分では多くの場合「献花」という形で故人に花を手向けます。案内がありましたら、司式者・遺族・親族の順に祭壇の前で献花を行うので、参列者も列を作り祭壇前で花を受け取って故人に手向けて差し上げてください。

 

 

 

 

キリスト教式の追悼行事

 

 

 

キリスト教式の追悼行事は初七日や四十九日といった捉え方はしないので、故人を偲んでの追悼の祈りの集いであったり、追悼ミサという形で祈りを捧げることがほとんどです。

 

カトリックでは、3日目、7日目、30日目に教会で行います。

 

プロテスタントでは死後1ヶ月目昇天記念日という記念式を行います。

 

 

信仰者の墓地が共同である場合には、司式者(神父や牧師)がその墓地に出向き、墓地に眠られている信仰者の方々のために祈りを捧げることもあります。

 

 

香や聖水を用いて墓地を清め、すでに天国におられる方々の永遠の安息を、今も現世を生きている信仰者たちとともに祈ります。

 

 

聖書朗読や短い説教などの後、参列者全員でお花を手向けたり、賛美歌を歌ったりして故人を追悼する場合が多いようです。

 

 

 

 

無宗教葬儀(自由葬・プロデュース葬)とは?

 

 

最近は、生前から無宗教の葬儀を希望される方や家族や友人など、故人にゆかりのある方の意思での自由葬が増えています。

 

 

葬儀の形式は、基本故人の信仰していた宗教で決定します。唯一可能な選択として、この「無宗教式」があります。

 

 

特色は、檀家に入っている仏教寺院の宗派にそったやり方ではなく、音楽葬や個展葬など宗教色を排した葬儀になります。個人の趣味や特性を活かし、葬儀をよりライトにお別れの儀式といったイメージが強いです。

 

 

特に故人の希望ならば、生前によく話し合い、入念に段取りをするならば、素晴らしい葬儀となるでしょう。

 

 

 

 

無宗教葬儀のデメリット

 

 

 

無宗教葬儀のデメリットとして、とにかく前例が少ないというため、失敗に終わることが多いことです。それぞれ毎回異なったオーダーメイドの葬儀となるため葬儀社との綿密な打ち合わせは必須となります。

 

 

特に危険なのは、故人が特に希望もしていないのに亡くなったあと親族だけで慌てて無宗教式を企画することでそれは絶対に避けたほうが良いでしょう。

 

 

では、失敗しないためにはどうしたらいいか?

 

 

かつて「無宗教式」の葬儀を多く扱ったことのある経験豊富な葬儀社を選ぶこと。これらの葬儀社を探すには、一括見積もりサイトで検索することで解決できます。また担当者の技術と経験も非常に重要なので、正式に依頼する前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ