葬儀後の流れとお墓について

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 

 

初七日法要とは?

 

 

初七日法要は故人が亡くなってから7日目に行う法要で、魂が無事に極楽にいけるように行う供養のひとつです。

 

最近では遠方の親族が増え、再び集まることが難しくなっているため、葬儀の当日に行うことが多くなっています。

 

 

初七日で行う内容として、読経によって故人を供養します。三途の川を無事に渡れるように供養するのが目的なので、全員でご焼香をあげながら僧侶に読経してもらいます。出席者は遺族や親族をはじめ、故人と親しかった人が並びます。

 

 

その後は出席者や僧侶を招いて、精進料理を用意した会食を行います。この会食を精進落としと呼び、僧侶や葬儀を手伝ってもらった人に、ねぎらいの礼を尽くすのが目的です。精進落としでは、遺族はお酌などをして回る側に立ちます。

 

 

供養からねぎらいまでを行って初七日法要は終了となります。

 

 

四十九日法要とは?

 

 

四十九日法要とは、亡くなってから四十九日目に行う仏式で最初の法要のことです。亡くなった日も含めて、四十九日を超えてはいけないと言われています。

 

 

近頃では四十九日が平日で法要に集まれない人も多いこともあり、四十九日より前の土日などに法要を行うことも増えています。四十九日法要には親族や知人も招き、法要ののちに会食などを行いますが、この日に合わせて納骨を行ったり、墓地がない場合にお寺や納骨堂に預ける場合にもこの日に行うことが一般的です。

 

 

四十九日を過ぎると忌明けとなり、四十九日法要を無事に終えたという挨拶と共に香典返しを送ります。祭壇や遺影も片づけ、この日を持って一つの区切りをつけることになります。

 

 

 

四十九日法要実施までの流れ

 

 

 

日時・場所の設定

  

呼ぶ人と人数の確認と連絡

  

後返し・引き出物の手配

  

仏壇・位牌の準備

  

食事の手配

  

四十九日法要・納骨・会食

  

後返しの発送

  

各業者への支払い

 

 

お墓の準備

 

お墓を買おう

 

 

 

実お墓を買うというのは、正確には「永代使用権」という権利を買うということです。土地を借りて、そこに墓石を買って建てるという形になっていて、永代使用料を払った後は、管理費かかります。新しくお墓を建てる場合は、四十九日や一周忌など目処にするケースが多いようです。

 

 

初期費用としては、

 

 永代使用料(土地使用料)

 

   +

 

 墓石工事費(墓石費・彫刻費・設置費)

 

となります。

 

 

 

近年では生きてるうちにお墓を立てることを「寿陵(じゅりょう)と言って、縁起がいいとされています。葬儀費用同様、墓石も決して安い買い物ではありません。購入前に必ず価格の一括見積もりを依頼しておきましょう。

 

 

 

 

葬儀もお墓も一括見積りが絶対お得!

 

↓墓石の安心お見積り【完全無料】↓

 

 

 

墓石の種類

 

 

 

墓地には、「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」の3種類があります。

 

それぞれメリットやデメリット、利用制限があります。

 

 

種類 経営 特徴
寺院墓地 寺院 宗教法人である寺院が経営。その檀家のみが利用できる。利用条件はお墓の継承者がいること。
公営墓地 地方自治体 都道府県または市町村が経営する墓地。宗教・宗派は問わないが、居住地域など資格制限がある。管理費が安く募集が少ないため、競争率が高い。
民営墓地 宗教法人・公益法人 俗に「霊園」と呼ばれる墓地。利用制限もほとんどありません。墓石の自由度も高く、施設面で充実していますが、公営に比べ管理費が高いのがデメリット。

 

 

 

様々な供養法

 

 

実は、お墓を建てないという方法もあります。

 

 

最も有名なのは永代供養で、お寺や霊園が遺骨の管理や供養をします。

 

最近増えているのは「自然葬」と呼ばれる方法で、海洋葬、樹木葬などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

遺骨を納める

 

遺骨をお墓に収めよう

 

 

「遺骨」とは、葬儀後に火葬されたお骨のことを言い、通常の場合、遺骨はお墓に収めることになります。近年では、お墓がない人が増えていてその場合、新たにお墓を作る必要があります。

 

 

その際、注意すべきことは、ちゃんとそのお墓を継承する人がいるかということです。いない場合は無縁墓になってしまうため、永代供養墓にする事になります。

 

 

永代供養墓とは、寺院や霊園などが永代にわたって供養・管理をしてもらえるお墓のことです。遺骨は多くの人と一緒に安置され、一定期間を過ぎるとまとめて埋葬することもあります。墓地によりこの「永代」の期間はは違い三十三回忌や50年というところが多いです。

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ