葬儀費用を安くするための最低知識

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

葬儀でかかる固定費用とは?

 

葬儀費用は臨終から火葬まで、一連の流れに関わるすべての費用になります。大きく分けて固定費用と変動費用の2通りがあります。決まったものを固定費用、いわゆる葬儀社の言う基本プランの部分になります。

 

主に

 

  • 祭壇
  • 骨壷
  • 遺影
  • 焼香道具
  • 受付用品
  • 生花
  • 斎場使用料
  • 火葬料
  • 人件費

 

などととなっており、装備・装飾品等はグレードによって値段が変わるので必ず確認しておきましょう。

 

 

ちなみに「基本プラン」と言えども葬儀社によって内容が違います。実はここが落とし穴で、悪質な葬儀社はワザと説明を曖昧にし、費用をわかりにくくするため注意が必要です。

 

 

葬儀でかかる変動費用とは?

 

固定費用は人数による上限がありませんが、変動費用は参列者数で上下するため、人数が多くなればもちろん増加します。故に、葬儀費用は、変動費用によって大きく変わることを、予め考えておく必要があります。家族葬で参列者を減らして、返礼品や接待費を抑えるのはそのためです。

 

 

変動費用は主に

 

  • 通夜振る舞いや精進落としなどの飲食費用
  • 会葬礼状と返礼品
  • 寝台車・霊柩車・マイクロバスなどの車両費用

 

などが挙げられます。

 

 

また斎場などの施設使用料は、もともと規模を決めて行うため固定費用に当てはまりますが、参列者数で変動する場合があります。

 

 

葬儀費用は変動費用と固定費用の合算になります。

 

 

忘れちゃいけない司祭者へのお礼

 

 

 

実は葬儀費用には葬儀社に支払う費用とは別に司祭者へのお礼があります。要するに寺院や教会への謝礼で、一般的に多い仏式では「お布施」などが必要となってきます。

 

 

金額は戒名のランクによるので、菩提寺に聞くか葬儀社に相談してみましょう。また、「お車代」「お膳料」が必要になってくる必要もあります。

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 

戒名と戒名料

 

戒名とは?

 

 

戒名とは、仏教において寺のお墓に入る時に必要な名前で、仏教徒となった証にもらう名前になります。本来は仏の教えを学んだしるしとして生前に授けられるものでしたが、現在では死後に亡くなった方へおくられるものとなりました。

 

 

一般的には戒名として知られていますが、
浄土真宗では、「法名」
日蓮宗では、「法号」
と宗派によって変わります。

 

ただし、戒名を付けないと葬儀ができないということは一切ありません。

 

 

 

 

戒名料は宗派やお寺への寄進額、故人の生前のお寺との関係性や戒名の格によって変わってきます。

 

 

相場は10万円程度だと言われていますが、一番低額なものは2万円程度、格の高い戒名になると100万円程度までと大きく幅があります。またお寺側にも相場があるため、一度菩提寺に相談してみるのが良いでしょう。菩提寺がない場合には、葬儀社の紹介の僧侶にお願いすることもできます。

 

葬儀費用を安くするコツ

 

必ずかかる葬儀費用

 

 

どの形式どの規模の葬儀を行うにしても必ずかかる費用があります。

 

 

まずは、遺体の安置にかかる費用です。現在の法律では、死後24時間経たないと火葬ができないため、棺の費用などは必ず必要になります。

 

また、火葬も法律で定められているため、それに伴う費用がかかります。これは直葬でどんなに安く葬儀をしようとしても、削れない費用になります。

 

 

 

 

生前見積りの重要性

 

 

 

「生前見積り」とは、前もって葬儀の内容、流れを本人・家族間で話し合い緻密にシミュレーションしておくことです。当然、葬儀社も交えて話し合うのですが、これは電話やネットだけで済ませるのではなく葬儀担当者に直接会い、相談しながら決めておきましょう。

 

 

実際、葬儀社に出向く際、事前の確認をしておきましょう。

 

  • 予算はどれくらい用意できるのか?
  • 会葬者はどれくらいの人数か?
  • 仏式以外の葬儀や特別な希望はないか?
  • 菩提寺はあるのか?

 

 

また葬儀社に対しても質問事項を用意しておきましょう。

 

  • 「セット」「プラン」などの内容はどこまで含まれるのか?
  • 祭壇や棺のグレードは金額相応か?
  • 自社斎場はあるか?
  • 霊安室はあるか?

 

 

葬儀社は、最低でも2社、出来れば3社以上は訪ねましょう。

 

 

会場費を抑える

 

通夜や葬儀、告別式を行う施設のことを斎場といいますが、斎場には公営斎場民間斎場の2つがあります。地方自治体が運営している公営斎場のほうが比較的に安く使用することが出来ます。ただし、競争率が高いため予約が取りにくい上に、使用者の住所・使用時間などの制限があります。

 

 

 

葬儀費用の準備

 

葬儀費用を支払う

 

 

 

葬儀後に、事前にした見積り金額と変動費を照らし合わせ、請求書が発行されます。会葬者が思ったより多かったりすると当然、見積り金額より高く請求されます。

 

 

葬儀社へ支払う葬儀代は基本は現金

 

 

次いで振り込みが多いです。生命保険の死亡保険金を葬儀代に当てることもできます。最近はカード払いも増えていますが、扱っている葬儀社はまだまだ少ないので事前の確認が必須です。

 

 

ちなみに、故人の預金口座は死亡した時点で即、凍結となります。
相続人の遺産扱いになりますので、知っておきましょう。

 

 

互助会は本当にお得か?

 

互助会とは?

 

 

良く人々の会話等を見聞きすると、度々互助会という言葉が登場しますが、いったい何なのでしょうか?

 

互助会とは簡単に説明すると、月々決まった額のお金を一定期間払いこむことによって、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭時に契約額に応じた様々なサービスを受けることができるものをいいます。

 

 

お金を払いこんでいることから、保険や共済などとよく勘違いしやすいのですが、ここは大きく異なります。保険や共済は契約額に応じたお金を後に受け取れますが、互助会はお金ではなくサービスを受けられるのです。

 

 

積み立てたお金の近い道は、上記の通り結婚式やお葬式などの冠婚葬祭サービスがメインですが、近年では七五三祝いや成人式などの儀礼にも利用することができます。また、互助会が運営している関連施設や提携する企業が提供するサービスも会員価格で受けることもできます。

 

 

そもそも互助会は、もしもの時の出費に備えて会員同士が互いに助け合う相互扶助の精神から生まれた仕組みです。一人一人の掛け金は少ないかもしれませんが、会員が多く集まることで大きな保証が生まれるのです。人生の中の様々なセレモニーに備えて、互助会のあり方が自体が昨今見直されつつあります。

 

 

 

 

葬儀の見積り・資料請求はコチラ

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

http:/souginavi.jp/03/

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ